目が見えない犬をさんぽ

柴犬のユズちゃん。けっこうマイペースで、我が道を行くようなそんなタイプ。目は見えてないけれど、元気なユズちゃんです。


ユズちゃんは、片目は義眼で、もう片方の目もあまり見えてなさそうです。目が見えてないと、歩くのがたどたどしくなるし、たどたどしく歩くすがたを見ると、さんぽに行くのを躊躇してしまうところだと思います。

リードを付けずにフリーの状態だと、目安がないのでたどたどしく歩くしかなくなってしまいますが、リードを付けるとある程度の目安が出来るので、たどたどしいけれどリードが付いている分の安心感があるから、リードを付けてないときよりは歩きやすくなっているはずです。

ところが最近では、首輪より胴輪を使う飼い主さんが増えたので、胴輪だと、目安がわかりにくい分、歩きにくくなってしまいます。首輪の方が、目安を伝えやすい分、歩きやすくなっているはずだし、歩きやすいっていうことは、その分の安心感があるということになります。

目が見えないということは、誰かに誘導してもらわないと歩けなかったりするけれど、誰かが誘導してもらえるとそれについていけばいいだけなので、安心して歩けるようになります。胴輪は元々荷車やソリを引っ張る用に作られているから、誘導という目的には作られていないし、だから目安を伝えにくくなってしまいます。たとえば馬とかは、胴輪で荷物を引っ張って、くちにくわえているハミに繋がっている手綱で馬を誘導するわけですけれど、その馬の手綱が、首輪に付いたリードと同じことだったりします。首輪に着いたリードで誘導するから目安が出来て、だから目が見えなくても安心して歩くことができる、ということだったりします。

胴輪と首輪にはそういう違いがあり、愛犬を誘導するのであれば、首輪がよかったりします。



【お知らせ】

愛犬の看取り方』という本をアマゾンのキンドルで出版しました!


100%確実に痩せる!愛犬ダイエット』好評発売中!



Instagram

https://www.instagram.com/inunobiyoushitsu.ddd/


D.D.D.店主のInstagram

www.instagram.com/ddd.kitazawa/


D.D.D.のフェイスブックページ

www.facebook.com/DogsalonDefDogs


 

6月の定休日 毎週水曜日 9日(木)14日(火)21日(火)28日(火)

7月の定休日 毎週水曜日 5日(火)12日(火)19日(火)26日(火)(7月の火曜日の定休日は変更可能な日があります。火曜日に当店を利用したい場合はお問い合わせください)


営業時間10時~19時

391-0301

D.D.D.

長野県茅野市北山芹ヶ沢6596-1

TEL0266-71-5583

動物取扱責任者  

JKC A級トリマー 北沢栄太

保管03003732  訓練03003834 

販売03003631 貸出03010933

有効期間R4、4、26~R9、4、25