もし保護犬が10万円で売っていたら

トイプードルのチャーちゃん。これから頭の上の毛を伸ばして、伸ばした毛を結ぶ予定です。チャーちゃんに似合うかな? 楽しみです。


もし、保護犬が10万円で売っていたら、その保護犬を買いますか?

保護犬は、不妊手術とか混合ワクチンの費用を、新たな飼い主さんが負担する場合があるけれど、だいたい無償譲渡が多かったりします。無償譲渡だから、ボランティアの活動とか、寄付金だったりとか、支援物資を提供してもらったりとかで、保護施設が成り立ってることがほとんどだと思います。

保護施設を運営している代表者が身銭を切っていることがほとんどだろうし、もし、保護施設の代表者が身銭を切ってないのに、ボランティアの活動を頼っているとしたら、それはどこかおかしなことになっているような気がします。ボランティアの活動だったり、寄付金だったり、支援物資とかがほとんどないとなると、保護活動を続けていくことは、とても難しくなるはずです。

もし、保護犬が10万円で売ってたとしたら、そのお金が寄付金の代わりになるし、そのお金で必要な物も買えるし、ボラティアではなく給料としてお金が払えるし、その頂いたお金でその人は生活出来るし、給料が払えるんだったら雇用が増えるし、里親が見つからないワンちゃんだって終生飼養できるし。10万円ですべてがまかなえるかどうかはわからないし、20万円くらいじゃなければいけないのかもしれないけれども、まあとにかく、いいことばかりのような気がします。

有償だと保護犬を飼う人はいなくなるんじゃないの? って思っている方がると思いますが、そもそもそれって、保護犬に価値があるんじゃなくて、無償ということに価値があるということを認めたことになるのではないでしょうか。保護犬に価値があるのであれば、有償譲渡だっていいはずです。

保護犬の有償譲渡が世の中に受け入れられるかどうかはわからないけれど、保護犬にとっては、有償譲渡になったほうがいいことばかりなのではないでしょうか。



【お知らせ】

愛犬の看取り方』という本をアマゾンのキンドルで出版しました!


100%確実に痩せる!愛犬ダイエット』好評発売中!



Instagram

https://www.instagram.com/inunobiyoushitsu.ddd/


D.D.D.店主のInstagram

www.instagram.com/ddd.kitazawa/


D.D.D.のフェイスブックページ

www.facebook.com/DogsalonDefDogs


 

5月の定休日 毎週水曜日 7日(土)10日(火)17日(火)24日(火)31日(火)

6月の定休日 毎週水曜日 7日(火)14日(火)21日(火)28日(火)(6月の火曜日の定休日は変更可能な日があります。火曜日に当店を利用したい場合はお問い合わせください)


営業時間10時~19時

391-0301

D.D.D.

長野県茅野市北山芹ヶ沢6596-1

TEL0266-71-5583

動物取扱責任者  

JKC A級トリマー 北沢栄太

保管03003732  訓練03003834 

販売03003631 貸出03010933

有効期間R4、4、26~R9、4、25